先輩の声 管理部

管理部

中村 雄治

勤務地:えひめ工場(水産事業部)
役職:管理課 課長

会社で働くすべての人が安心して仕事ができるように
食の現場を、裏方としてサポートすることを心がけています。

管理部業務風景1

少数体制だからこそ
責任感を持って働ける

デリカサラダボーイ水産事業部の立ち上げ時から事務職として携わっていますので、勤務歴は20年以上になります。当社における事務方の仕事で大切なのは、製造の現場が円滑に進むようサポートすること。一般的な経理業務や労務管理だけでなく、パートさんの作業量が過重にならないよう調整し、品質管理部門との連携により、体調管理も徹底しています。これらの業務を少人数でやってきましたので、若いうちから幅広い仕事を任せていただけたこともありがたかったですね。

現在の仕事内容は?

会社の一般経理業務から製造している製品の原価計算、人事出退勤の管理まで、管理部門として、会社の事務全般に携わっています。また、ベトナムなどからの外国人実習生の受け入れも行っていますので、生活指導員として彼らの生活のサポートもしています。

仕事をする上で大事にしていることは?

事務は裏方だと思っています。ものを作る部署があり、それを販売する部署がある。管理部は会社にとって表の部署ではありませんが、目指すところは縁の下の力持ち。各部署と連携して、サポートができるように心がけています。

デリカサラダボーイとはどんな会社?

直接お客様の口に入る商品を製造していますので、常に緊張感を感じながら業務できる会社だと思います。人々の暮らしにおいて、食の安心・安全は最も大切なことだと思いますから、その責任ある仕事の一端を担えているということは、働く上でのやりがいにも繋がっていると感じます。

デリカサラダボーイに向いている人とは?

食品工場とはどんなところか、どういった感じで作業をしているのだろうか、などいろんなことに興味を持って取り組める方。また、常にどういった商品がお客様に好んでいただけるのかなどを考えられる、向上心を持った方が向いているのではないでしょうか。

1日の流れ

9:30出勤
10:00製造した商品の
原価計算登録
12:00得意先の入金処理や仕入先の支払い業務
14:00昼休憩
15:00経費照合
17:00従業員の労務管理
19:00退社
管理部業務風景2
管理部業務風景3

現場と営業サイドの
連携を強化できる存在に

私が所属している水産事業部では、カニやエビなどの水産加工品を製造し、スーパーなど量販店へ販売しています。お客様のニーズを満たすパッケージやサイズの商品提案を行うプロセスにおいて、原価計算を行うのが私の仕事です。営業開発と連携し、お客様の希望値を踏まえつつ、かつ当社の利益が出るよう計算し、商品化。製造の現場へバトンを渡す。その過程を営業開発、生産管理、品質管理、そして製造とコミュニケーションをとりながら行えることも当社の魅力だと思います。